弱い追っかけのブログ

本命はギタリストなんだけど、若くて可愛い舞台俳優も好きな全体的に弱い人のブログ

夜バスでの遠征のこと。持ち物服装

来週久しぶりに遠征するので、

思い出すために。



絶対に必要

・チケット

これが無いとただの観光旅行になる。


・財布(ライブの場合)

ドリンク代が無いとチケットがあっても入れません。

過去に前の方がお財布を忘れて500円貸したことがある。後で返してもらいました。


・身分証、FC会員証

場合によってこれがないとチケットがあっても入れません。免許は持っていないので保険証おんりーだけど、特に困った事はありません。事前に指定されているものを忘れずに用意しましょう。



夜行バス編

絶対にあった方がいいもの。

・充電器

これは絶対にあった方がいいです。あ、コンセント付きの場合ですが。

絶対にコンセント付きのバスを取るようにしてるし、必須ですね。最近はUSB型のも増えてるけど、バッテリーも充電したいのでコンセントがいい…(バッテリーはコンセントにダイレクトに差すやつなので…)

もちろん家電は繋いだらダメですよ!アイロンとかも!


・首枕

ダイソーで購入した、空気を入れるタイプを愛用しています。自分のサイズに合わせられるし、なにより畳むと小さい。けっこう頭のやり場に困るんですよね。下向いて寝ると絶対に肩と首が痛くなるし、横向いても首が落ちすぎるし。小首を傾げる程度で頭が収まる位の空気の入れ具合が個人的なベストです。100円なので万一バスの中に忘れてもそんなにショックじゃない。ちょっとだけ後悔する。


・腰枕

同じくダイソーで購入した空気を入れるタイプのものです。とにかくおしりの骨?と腰が痛くなるタイプなのでここに1つなにかあると本当に楽です。多分腰に関してはバスの座席と接していない部分が痛くなるので、タオルで隙間を埋めてあげる感じです。タオルでも代用できるので、バンドのマフラータオルをくるくるして腰に当てていました。


・耳栓

薬局で普通に買ったやつです。

これが無いと寝れる気がしない…枕等の準備を全て完了したら装着します。耳栓してからゴソゴソすると思ったより大きい音が出てたりするので、最後でいいと思います。

後はライブ中も音楽用の耳栓をつけています。しょっちゅう一緒にライブに行っていた子がライブが原因で難聴になってから怖くて。マナー的に良いとは言い難いので、髪の毛で隠しています。本命バンドは耳に優しい音量なのですが、対盤でたまに目眩がするほど爆音の所もあるので…

難聴に関しては本当に怖いので自衛した方がいいと思います。


・飲み物

個人的には水一択です。利尿作用とか言われると怖いので。まぁ普段から深夜におトイレに起きる方以外はそんなに気にしなくて良いと思うのですが、人間行けないと言われると行きたくなる生き物ですよね。カフェインに関しても寝れなくなる気がするので避けています。多分気がするだけですが。個人的にコーヒーは匂いが気になるので避けた方がいいかと…コーヒーは私自身も普段から飲むのですが、隣の方が缶コーヒーを開けた瞬間薫りました。

1度飲み物をバスのトランクに預けてしまった際は余りにも喉が渇いて最初のSAで速攻売店に走りました。冬場だったので乾燥してたのかな?


・マスク

これもあった方がいいと思います。お休み用の濡れマスクがオススメです。ゴムも比較的ゆるくて、圧迫感はありません。(マスクをつけ慣れているせいかもしれませんが…)1度スパに泊まった際にマスクを忘れて1泊で喉がガサガサになりました。バスで忘れたことはないのですが、多分同じことが起こると思います。

後は寝顔対策(すっぴん隠しSAでの寝起きMAXな顔対策)とかヨダレ対策とかも兼ねて。

なれない体制で寝てると案外口が開いてたりするので。

後は、以前にインディーズのドマイナーバンドのツアーを追いかけて夜行バスに乗っていたら、SAでばったりバンドの人たちとはちあわせました。(パジャマ代わりに着ていた昔の盤Tとハンカチ代わりにバンドのマフラータオルを持っていたのでバレバレ)が、お互いにすっぴんマスクだったので見なかった事にしました。あれですっぴん見られてたらもうライブに行けない。


・メガネ

普通の度入りのメガネとサングラスを持ち込みます。以前に度入りのメガネを忘れて、トイレから帰ってこれなくなるかと思いました。SAで下車時に運転手さんにメガネを忘れた旨をお話して、万一さ迷ってたら声をかけて頂けるようにお願いをしてから、トイレに向かいました。戻ってきた時に、運転手さんがバスの前で思いっきり手を振って下さったので本当に助かりました……感謝しかない…

後は色々泊まり先でもメガネが無いと不安感に襲われるので絶対に忘れてはいけない。

サングラスは寝てる時にかけています。防犯対策というほどではないのですが、明らかに寝ています!となるとちょっと危ない気もして。たまに、どこかのカーテンがちょっと開いていたり、消灯後も電子機器を扱っている方がいらっしゃるのでその対策にもオススメです。後は下車時に朝日が眩しい。ターミナルじゃなくてその辺の道路に降ろされる時は、身支度が整えられる場所までのすっぴん隠しです。


あった方がいいもの。

・あめ

レモンとかすっきり系がおすすめ。酔いそうな時とか、乾燥が気になる時に舐めます。舐める時は絶対にマスク外したらだめ。結構匂いがする。


・チョコ

匂いが気になるので小分けになってるのを愛用しています。どうにも低血糖気味になる事が多いのと、道路状況で大幅に遅延した時にお腹が空きます。カロリーになるものを何かしら持ってると安心。


・常備薬

酔い止めとかお腹の薬とか、鎮痛剤系は旅行の必須だと思います。使ったことはないけど。


・ウェットティッシュ

食べ物食べる前とか後とか。後は手を拭くとちょっとスッキリする。


これで大体お弁当袋くらいに収まる。チャック付きの袋がなんとなく安心する。

逆に荷物をちょっと増やしてフットレスト代わりにするのもアリ。


服装

夏場はTシャツに薄手のパーカーにサルエルパンツ

冬場はフード付きのゆるゆるな厚手のトップスにサルエルパンツ


家からこの格好で横浜まで電車に乗ります。

(もしくは職場で着替えて新宿に向かいます。)

ちょっとガラの悪い田舎のヤンキーを目指した感じになります。

フードかぶってる方が、寝る時に髪型が崩れない気がする。後はなんとなく安眠できるので…SAとかでフラフラ出歩く時もフード付きだと闇に紛れられて心が落ち着きます()


基本的に寝るときはのーぶら派なのですが、お外に出るので最低限の身だしなみとしてブラトップを愛用しています。


後は共通して、寝る時ようの着圧ソックスと靴下が必須です。靴は脱いでしまうので靴下が無いと寒い。

室内履きというか、ホテルとかであると便利なのが、バタフライツイスト。個人的にすっごく使いやすくておすすめ!

仮に旅先で靴が壊れてもこれで普通に帰れる位なのにめっちゃ小さく収まるからすごい。


基本的に常に7cm以上のヒールなので寝ぼけてる時とかに重宝します。

漫喫でフラフラする時もこれはいてる。


冬場は防寒を兼ねてストール(兼マフラー)とコートも持ち込みます。SAで凍える。




その他。

・化粧品(化粧水乳液等含む)

これを忘れるとすべて現地調達する事になる。本命の前ですっぴんを晒せる訳が無い。


・化粧落とし

顔洗える時は普通にオイルとか持っていっちゃう。バスに乗る前に落とす。


・当日着る服

忘れると地元のヤンキーパジャマファッションで過ごすことになる。現地調達するにもその服装でファッションビルに入るのはちょっと恥ずかしい。


・お手紙、差し入れ

忘れると諦める。事務所に郵送する。

ツアーとか地方公演の時は荷物になるのでお手紙だけにしています。


・シャンプーとトリートメントとか

スパとか漫喫でシャワーを浴びることが多いので絶対に自前で用意します。スパだとたまにめっちゃいいの置いてるからその時はお借りします。髪の毛はサラサラであるべき。


・歯ブラシ

無かったら買う。歯磨きしないのは人としてダメ絶対。


・コンタクト

ディファインを愛用。予備も含めて持ってるといいと思う。


・目薬

コンタクトなので無いと買うことになる。


・ファブ(長期の場合)

ファブれば大体どうにかなる。


・櫛

個人的に忘れる物No.1


・本命に対する愛情

何だかんだ書いたけどこれだけで全て賄える。(チケットとお金は無理だけど)必死に仕事終わらせて、夜行に駆け込んで知らぬ街に降り立って東京とあんまり変わらないセトリに必死になって、首肩ボロボロのまま夜行に乗って朝はそのまま仕事に行くのも全て愛です。



以前まではソフトのキャリーを愛用していたのですが、遂に名古屋からの帰り道でタイヤがクラッシュしたため、ハードに買い換えました。

そうしたら今までロッカーの小さいサイズに押し込めたのに入らなくなった…ので最近はボストンバッグです。ロッカー探すの手間だしそこまで荷物多くないし…

基本的にバスを降りた場所で着替えて、

手持ちの荷物に化粧品とライブに必要なグッズを詰め替えて残りはバスターミナルのロッカーに預けちゃいます。

駅に預けると物忘れと方向音痴が凄いのでロッカーまで辿り着くのにめっちゃ時間かかる…どうしても駅に預ける時はめっちゃ辺りの写真撮って、帰り道をレクチャーしまくります。

それでも迷子になって駅員さんに泣きついたり。


帰りのバス乗り場で預けるのが1番!

梅田のうぃらーさんのバスターミナルには本当にお世話になっております。